go to main prd

Motorsports

ハンコックタイヤスポンサーシップの「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」アジアシリーズ開幕

2024. 05. 21

FIA公認ヨーロッパラリー大会で認められた世界トップの技術力
- タイヤを選択して参加するチェコラリー大会でハンコックタイヤ装着選手1位、3位を獲得
- 計15のステージのうち9回優勝、ハンコックタイヤの製品を使用したドライバーたちが優れた実力を発揮
- ライバルであるグローバル他社を抜いて立証したハンコックタイヤのラリー用レーシングタイヤの性能


ハンコックタイヤのラリー用レーシングタイヤを装着したストリテスキー·ドミニク(Stritesky Dominik)選手とマレス·フィリップ(Mares Filip)選手が5月17日から18日に開催された「FIA ユーロピアン·ラリー·トロフィー(FIA European Rally Trophy)」のチェコ地域シリーズ大会と「ラリー·チェスキー·クルムロープ(Rallye Ceský Krumlov)2024」にて、それぞれ1位と3位の成績を収めました。

今回の競技は、国際自動車連盟(FIA)が公認する欧州地域ラリー大会「FIAユーロピアンラリートロフィー」の一環として行われました。 同大会では舗装道路と未舗装道路が混ざった複合路面を長時間走行するため、急激な路面変化に対応できるタイヤが必要とされます。 特に今回の試合では、選手たちがタイヤを選択して競技を行い、タイヤメーカーの技術力の戦いに対しても注目が集まりました。

試合の結果、ストリテスキー·ドミニク選手は最終合算記録1時間28分25.3秒、マレス·フィリップ選手が1時間29分5.5秒で試合を終え、それぞれ1位と3位の好成績を収めました。 ハンコックタイヤは、圧倒的な競技力を誇示し、世界トップの技術力を改めて証明しました。

また、計15ステージで行われた今回の大会では、ストリテスキー·ドミニク選手が5回、マレス·フィリップ選手が4回のステージ別優勝を記録し合計9回の優勝をハンコックタイヤ装着の選手たちが獲得しました。

ハンコックタイヤは電気自動車によるフォーミュラカーレースである「ABB FIAフォーミュラEワールドチャンピオンシップ」、耐久レースの「24Hシリーズ」など、世界トップレベルのモータースポーツ大会にて、レーシングタイヤ供給や参加チームを後援するなど、全世界のモータースポーツの発展に貢献してまいります

アグレッシブなモータースポーツマーケティングでプレミアムブランドとしてのイメージを世界中の消費者に刻みむと同時に、モータースポーツ活動を通じて得た技術力を超高性能タイヤから一般タイヤまで反映し、世界トップの技術力と品質を強化してまいります。

ハンコックタイヤがスポンサーを務めるストリテスキードミニク選手が_FIAユーロピアンラリートロフィー_チェコ大会にて優勝_1
ハンコックタイヤがスポンサーを務めるストリテスキードミニク選手が_FIAユーロピアンラリートロフィー_チェコ大会にて優勝_2